Recruitment採用情報

ビジネスの力を育み、
自身の意志で活躍するBe a Business Player

Career Design
  • マネジャー
  • ディレクター
  • プロデューサー
  • シニアマネジャー
  • 子会社経営チーム
  • アソシエイト
SKYLIGHT STORIES
ビジネス戦略ユニット ディレクター 山下 厚
事業開発推進本部 プロデューサー 藤竹 賢一郎
コンサルティング本部シニアマネジャー 足立 知之
スカイライト アメリカ 代表 大山 哲生
コンサルティング本部 アソシエート 盛田 連司
Career Design
SKYLIGHT STORIES
ビジネス戦略ユニット ディレクター 山下 厚
事業開発推進本部 プロデューサー 藤竹 賢一郎
コンサルティング本部シニアマネジャー 足立 知之
スカイライト アメリカ 代表 大山 哲生
コンサルティング本部 アソシエート 盛田 連司
ビジネス推進力/コンサル力を身に着け、伸ばす

スカイライトでは 、「個」の力を伸ばしつつ、チームとしての成功を収められるよう、採用から教育、アサイン、評価、昇進まで一貫した人事の仕組みを整えています。
コンサルタントは、さまざまな業界・分野のプロジェクトを通じ、お客様と協働してプロジェクトを推進し、リーダーシップを発揮して成果を出すという経験を積み重ねていきます。
これにより、自身のビジネス推進 力やコンサル力を高めていくことができます。

自分で選択するキャリア

自らの参画するプロジェクトを選択するのがスカイライトのスタイルです。
また、R&D活動やゼミ、新しい取り組みの起案なども、自主的に行うことが推奨されています。
スカイライトは、少数精鋭のコンサルタントが切磋琢磨し、自らビジョンを持って、より大きな価値を創造していくためのプラットフオームです。
スカイライトでの仕事を通じて、キャリアの可能性を自分で切り拓いてください。

Story

大切にしようと思った3つのこと

外資系コンサルティング会社で一緒だった何人かと会社をやろうと決めたのが2000年の初頭。代表は私がやることになったのですが、何せ会社をやるのは初めて。そんな私が自分なりに考えたことが3つありました。

まず、本当にお客様のためになることを貫く。コンサルティング会社側が数字を作りたいがために仕事を大きくするのはナンセンス。お客様のためにならないことは、たとえ数字が大きくとも提案しない。必要なことには我々も真剣に取り組む。ちゃんと成果を出す。そういう姿勢です。

次に、社員が輝くようにすることに尽力する。コンサルタントとはプロフェッショナルな職業ですから、一人ひとり、仕事の実力を伸ばしていってほしい。それに、自分には絶対者として君臨し、みんなを引っ張っていけるだけの自信も力もなかったということもありました。それで、引っ張るというより後押しするような感覚で経営していこうと考えました。

最後は、リスクをある程度取る。短期の収益を考えたら、コンサルタントの稼働率を限界まで高め、単価をギリギリまで高くするのが正しいということになりますが、そうではなくて、長期的な視点から、成長していくためのリスクを取ることが必要だと考えました。ポテンシャルのある人材を採用して長い目で育てていくこともそうですし、ベンチャー企業など外部への出資もそういうスタンスでやっていこうと。

この3つは今もスカイライトの根底に流れている考え方だと思っています。

代表取締役
羽物 俊樹
Toshiki Habutsu
ビジネス戦略ユニット ディレクター 山下 厚 Atsushi Yamashita
2009年、東京大学法学部卒。同年、スカイライト コンサルティングに新卒入社。金融企業の新規サービス立ち上げ、大手IT企業の経営企画支援、メディア企業の戦略実行等のプロジェクトを経て2014年よりマネジャー。2018年より現職。
事業開発推進本部 プロデューサー 藤竹 賢一郎 Kenichiro Fujitake
1996年大学卒業後、製造業大手のSAP導入プロジェクト、米ネットベンチャーの日本法人立ち上げ等を経て、2002年スカイライト コンサルティングに入社。英治出版株式会社との共同プロジェクト『ウォートン経営戦略シリーズ』の刊行を担当。同社へのスカイライトの出資に伴い、2006年より出向。2018年、同社の取締役に就任。
コンサルティング本部シニアマネジャー 足立 知之 Tomoyuki Adachi
2003年慶應義塾大学経済学部卒。同年スカイライト コンサルティングに入社。『ネクスト・マーケット』(2005年、英治出版)の共同監訳者。スカイライトが出資する、スポーツ映像分析のRUN.EDGE株式会社 (富士通株式会社からベンチャー企業として独立)に出向し、経営管理を担当。プロボノとして社会起業支援も行っている。
スカイライトアメリカ 代表 大山 哲生 Tetsuo Oyama
Story 4
English
スカイライトアメリカ 代表 大山 哲生 Tetsuo Oyama
2006年東京外国語大学大学院国際協力専修コース修了。JTB-CWTを経て2007年4月、スカイライト コンサルティング入社。
インド、アメリカなどの外資系クライアントや日系企業の海外案件に数多く携わる。2019年3月、スカイライト初の海外コンサルティング子会社Skylight Americaを立上げ、代表に就任。日本のクロスボーダー案件を中心にサポートする。
コンサルティング本部 アソシエート 盛田 連司 Renji Morita
2012年大学卒。18歳で訪れたゴミ山に衝撃を受け、将来は海外で働くこと・社会課題解決に携わることを決意。大学3年生の時に南アフリカに留学し、開発経済学・国際関係学を学ぶ。卒業後、大手自動車メーカーでバイヤーとして5年勤めた後、2017年にスカイライト コンサルティングに入社。

TO TOP