事例 : システム導入

市場トレンドに即応できる製品供給体制の実現

S&OP(Sales and Operation Planning)、グローバル展開

概要

BtoC電子機器のグローバル市場におけるユーザニーズの変化(需要)を迅速に捉え、設計、生産、販売までのリードタイムを短縮することで、競合とのシェア競争に打ち勝つために、社内関係部門の現状細やかに把握、分析することで、認識の合意形成を図りました。また、更なる改善に向けて社外サプライヤとの情報共有までもを改善することで、リードタイムの短縮のみならず、各部門の管理業務低減や余剰在庫圧縮などを実現し、事業全体の収益管理の強化を実現しました。

背景

クライアントは、グローバル市場で高いブランド力を有する大手機械製造業。高いブランド力を背景に新たな製品カテゴリへの参入を続け、世界各国で各カテゴリ内における一定のポジションを獲得していました。ところが、近年のユーザニーズの目まぐるしい変化や新興国からの新たな競合の参入による競争激化により、新たな市場シェア拡大が急務となっていました。 シェア拡大のポイントは、ユーザニーズの変化を競合よりも早く認知し、設計から生産、そして販売までの一貫した連携体制の構築と位置づけたものの、予実管理精度の低さに起因した余剰在庫の削減やオペレーションコストの抑制といった課題も抱えており、関係する部署・部門が多岐に渡るため、解決の糸口がなかなか見出せない状況でした。

アプローチ

スカイライトは、多岐に渡る関係各部門のすべてに対して、生産・販売・在庫の計画値・実績値を徹底的に洗い出し、分析した結果をもとに、各部門間で連携すべき情報や必要な情報を定義し、経営層を交えて部門間の連携を方針を策定を支援しました。この過程において、オペレーションコストを増加させる原因を見出し、連携だけでなく各部門単体で解決すべき課題についても可視化しました。

ソリューション

策定された連携方針をビジネスシナリオに応じてパターン導出し、各部門および経営層が情報を共有する仕組みを構築することで、需要変動のきっかけを早期に関係者間で共有することが可能となり、フレキシブルかつスピーディな製品供給コントロールを実現し、競合他社に一歩先んじた打ち手の実行を可能としました。 また、設計・調達プロセスの見直しからサプライヤとのシームレスな情報連携をWeb-EDIで実現することで、社内のみならず、サプライヤを巻き込んだ迅速な調達・生産コントロールが可能になり、情報共有の仕組みとの相乗効果によって、予実精度の向上・余剰在庫の圧縮・各業務部門の情報取得時間の短縮が実現され、事業全体の収益管理体制が強化されました。
効果
常に次工程に対する先手を打ち続けることで、終始効率的にプロジェクトをリードしていただきました。特に管理・交渉の領域において適切なタイミングで適切なアドバイスを提供していただけたのが非常に大きな成功要因であったと評価しています。
需要変動に即応出来るようになり、競合に負けないスピードでユーザのニーズにあった商品の提供が可能となっています。
このプロジェクトのコンサルタント
市場トレンドに即応できる製品供給体制の実現
平林 潤一
市場トレンドに即応できる製品供給体制の実現
松山 司