事例 : 戦略策定

システム全容の整理とIT構想立案プロジェクト

IT構想、ITガバナンス、IT導入支援、基幹システム再構築

概要

複雑に連携するシステムを、調査とヒアリングによって整理して全容を明らかにし、スリム化の開発計画を提案。さらに、グループにおける基幹システムの将来構想をご提案しました。

背景

クライアントは、大手小売業。長年にわたり、システムの開発・改修を重ねてきた結果、非常に多数のシステムが乱立し、情報システム部門でも、全体を把握できている社員が不在で、全体のシステム総数は誰も把握できない状況になっていました。

アプローチ

既存資料と現物のシステムを参照しながら現状システム調査を行い、現状システムの姿を明らかにするとともに、抱えている課題を整理しました。ユーザ部門やシステム管理者に対するヒアリングを実施し、課題の整理と取組テーマの抽出を実施。さらに、解決策の方向性の検討を行って、グループにおける基幹システムの将来構想を立案しました。

ソリューション

複雑に連携し、改修のコスト増や障害発生、業務の非効率化につながっていたシステムについて、機能要件を整理し、既存のシステムで活用できる範囲と開発を適用していく範囲を検討し、システムを集約してスリム化することを目的に開発計画を立てました。また、運用や情報セキュリティについても、必要なリソースや定期的な教育実施計画を行いました。 企業規模に応じた会計基盤を整えるために、システム構想を立てました。
効果
利用しているシステムと関連コストが可視化され、改善に向けた打ち手を検討できるようになった
基幹システムの将来像が明確になり、実現に向けた導入計画が策定できた
従来の元売り・ベンダー依存の状態から、自社主導でシステムを構築することにより、販売戦略に柔軟に対応可能な状態に変革することが期待される(現在、システム構築中)