事例 : 組織・人

グループ情報システム子会社のサービスセンター化

子会社ミッションの再策定、企画部門・企画人材の創出

概要

グループのビジネス環境が目まぐるしく変化するなかで、グループ企業のITを担うIT子会社の存在意義や貢献などの期待も、従来とは大きく変化する状況において、グループ内での存在価値を改めて検討する必要がありました。IT子会社のみならず、グループのマネジメントを巻き込んで、グループに対する提供価値を再定義し、あるべき姿を合意するとともに、あるべき姿を実現するために必要な組織機能の企画・立上げまでを支援しました。

背景

クライアントは国内大手小売業グループのITを一手に担う情報システム子会社。これまでグループのITの安定稼働を最優先させてきていました。ところが、IT技術革新などによって多様化した顧客の購買行動の変化に伴い、グループからの期待も変化を見せ、新しい領域に対するスピード感のある対応も求められるよになりました。 グループからの期待に応えるために、システム子会社としてのあり方を自ら再定義し、その実現に向け、中長期を見据えた組織改革を実行する必要がありました。

アプローチ

スカイライトは、IT子会社を取り巻くグループのトップ・ミドルマネジメントへのち密なヒアリングを通じて、業務・品質・組織に関わる課題を定量・定性的に導出した結果から、IT子会社のトップおよぶグループ双方に対して「コストセンターからサービスセンターへの飛躍」というあるべき姿を明文化し、合意形成を行いました。

ソリューション

合意したあるべき姿に対して、中長期で取り組む必要のIT投資テーマを整理し、サービスセンターとして求められるIT子会社に求められる機能を明確化することで、IT子会社が担う役割と責任を定義するとともに各機能がグループのビジネスにどのような貢献をすべきか明らかにしました。また、現在の組織のパフォーマンスを生産性・品質・スキルセットなどの観点から分析し、サービスセンター化の要点と位置づけられたIT企画を担う部門の立上げを含めた組織改革を提言し、実施を支援しました。
効果
社内でこれまで何となく認識されるにとどまっていたグループのIT遂行力不足をスキル・工数の客観的かつ定量的な分析により可視化し、さらに具体的な打ち手まで示していただいたことが社内でも評価されました。
グループ内で曖昧となっていた情報システム化における各々の役割・責任範囲を明文化することで、戦略が具体化され、ITプロジェクト推進時のスピード鈍化や組織間でのトラブル発生の危機を回避する礎が出来たと認識しています。
このプロジェクトのコンサルタント
グループ情報システム子会社のサービスセンター化
大羽 孝典