事例 : 経営管理基盤

業務効率の改善により残業3割、在庫量2割の削減を達成

経営管理システムの刷新、業務改善・改革、ERP導入

概要

全国各地の土産品を企画から、生産までを一貫してビジネスとして展開していたが、店頭在庫の把握が困難な状況なため、製品のライフサイクルを管理することができず、業績の把握に半月を要する状況を改善し、より攻めの経営を実現するために、ERPの導入を支援しました。当初は、非常に高価なハイエンドERPの導入を検討されていましたが、投資対効果について、疑問を抱いた経営陣からの要請を受け、業務の棚卸と改善点の明確化と合意形成を図ることで、将来の成長を見据えた上で、必要とされるERPの再選定から導入・定着化までを一貫して支援しました。

背景

  クライアントは観光地の土産品を扱う卸売業兼ファブレスメーカー。 商品単価が安く品種も非常に多岐に渡るため、不良在庫増加に伴う利益悪化や、経営管理システムの陳腐化による意思決定の遅れ等の経営に大きなインパクトを与える業務プロセスに関する課題を抱えていました。 それらの課題解決には、当時の企業規模に対してかなり大きな投資が必要で、その投資対効果を可視化/最大化させつつ、単品在庫管理が不可能といわれる業界の特性を解決するような方向性を策定すべく支援要請がありました。

アプローチ

今後発生しうる経営環境の変化に対しても、クライアントの社員だけで課題を解決していくことが出来るように、若手社員が中心となってプロジェクトをけん引していくようなスキームを作り、進めました。

ソリューション

あらゆる業務領域 / 組織領域 / IT領域の調査を実施。経営課題の見極め、業界 / 企業の特性や企業文化を把握した上で、(1)在庫の一元管理、(2)業務の効率化・標準化、(3)業務品質の向上、(4)KPIの見直しと経営情報の信頼性向上という4つをゴールにしました。 ERP導入における専門性と生産性によって、効果的、短期的に導入できたことに加え、現場の積極的な巻き込みによる若手社員の機会の創出や、役員の想いと現場の意向をつなぎ合わせるといった間接的な価値も提供しました。
効果
ERPの導入によって、全社の情報の統合化・在庫の可視化がなされ、在庫高が前年比2割減、前月分の業績把握が翌月中旬から4営業日に改善されました
営業現場へのハンディ端末の導入によって業務効率化と高品質化が達成でき、残業時間が対前年比3割減りました
取引先との契約見直しと業務プロセス再設計によって属人化からの脱却に成功しました
戦略的に調達・販売するという 『数字』に対する全社的な意識が向上されました
企業内の組織を超え、若手社員の問題意識および改革意識が醸成されました
このプロジェクトのコンサルタント
業務効率の改善により残業3割、在庫量2割の削減を達成
田邊 誉